お客様の声

お客様の声

ABH認定ヒプノセラピスト養成講座・感想

S・Uさん(二期生)

ヒプノYoga養成講座のうちの一つである、ABH認定ヒプノセラピスト養成講座。
普段のYogaの養成講座と違って計8名での講座となり、どんな方々と一緒に勉強するのか、最初は少し不安でした。
しかし初日に顔を合わせた時から「うわ、必然的なメンバーだ」と感じました。
各々とても個性的なはずなのに、すごく全体の調和が取れていて心地よく、それは3日間でどんどん親密さを増していったような気がします。
まさか自分がヒプノセラピストの養成講座を受講してヒプノセラピストになれるなんて考えてもいないことだったのですが、この養成講座のおかげで自分のヒプノセラピーとの親和性を実感することができました。
Amiさんの実践を中心とした講座の進め方で、勉強しながらもみんなの笑顔が絶えず、本当に楽しみながら学びそのものがすでにヒプノセラピーになっているような素敵な時間でした。
この時、このメンバーでヒプノセラピスト養成講座を受講できたことは、私にとってとても貴重であり有意義でした。
これからもヒプノセラピストとして信頼していただけるように、学びと実践を繰り返し続けていきたいと思います。
Ami先生、本当にありがとうございました。

 

ABH認定ヒプノセラピスト養成講座を受講して。

K・Sさん(二期生)

私は、渥美先生のヒプノセラピー、GIFT療法を体験し、衝撃的な体験と、幸福感を感じ、ABH養成講座にとても興味を持ちました。 受講日とスケジュールの調整が付かず、受講する事を諦めていたのですが、受講直前に調整ができた事で、深いご縁を感じました。

講座を受けるまでは、どのような雰囲気なのか、どのような方たちが参加するのかとてもドキドキしていました。 受講者は7名。皆さん初対面の方たちばかりでしたが、初めてあった様な気がしない、とても懐かしく、暖かな気持ちになりました。 その思いは、3日間の講座が進むにつれ、どんどんと強くなっていきました。 ご一緒させて頂いた方々は、みなさん魅力的で、「誰かを癒したい。」という思いを持って参加されている事がわかりましたし、私自身、その雰囲気で癒されてしまいました。皆さんにはとても感謝しています。

人は、考え方や、思い、振る舞いなどで毎日の生活や人生が変わっていくものだと思います。自分自身が変わっていけば、環境や周りの方たちも、縁も変化していく。自身の持っている能力や、よい部分を発揮できれば、楽しく幸せになれるのだと思います。 催眠療法をする事は、自分の潜在意識に気づき、見つめ、受け入れ、愛していく事だと思います。どんな人にもたくさんの可能性があり、催眠療法は、その可能性を引き出すきっかけになるのだと思います。 私と縁のある方々には、幸福に満ち溢れて笑顔で暮らしてほしい。その為にお役に立ちたいと思っています。クライエントさんに寄り添い、思いを受け止め、そして自身も成長していく事ができるセラピストになりたいと思います。

私は、看護師をしています。今まで20年近く働いてきて、沢山の病める方々にお会いしてきました。医療だけでは、治癒に限界がある事もあります。また、病気を引き金に、心を病んでしまう方も沢山いらっしゃいます。そのような方々が前向きになり、辛い思いが少しでも軽減できるような援助をしていきたいと考えています。今回受講した、ABHセラピスト養成講座での経験を生かしていきたいと思いました。

今後は自身のステップアップの為、NGH認定セラピストもぜひ受講したいと考えています。 渥美先生と一緒に学ぶことができた仲間たちに感謝します。 ありがとうございました。

 

ABH認定ヒプノセラピスト養成講座・感想

J・Tさん(二期生)

ヒプノセラピスト養成講座を楽しく充実して終わることが出来ました。
今回の講座ではセラピストと言う前に人としてどう考え生きて行くか深く考えるようになりました。
そして催眠の素晴らしさを知ることが出来た講座でした。
これからもこの講座を多くの方に受講してほしいと思います。
素晴らしいAmiさんと素敵な仲間に出会えたことがこれからの人生の宝物になりました。
このようなご縁をいただけたことを感謝します。
講座が終わり新たなスタートとなりますがヒプノヨガ、ヒプノセラピーそして他のヒプノセラピスト講座も受講したいです。
これからもよろしくお願いします。

 

ヒプノヨガ講師養成講座・基礎ヨガコース感想。

M・Sさん(一期生)

ヨガの語源や流派、そしてヨガの8つの基本、心得を学びました。
今まてヨガと=アーサナと思っていたので、ヨガの真髄を知りヨガの素晴らしさを感じました。
特に道徳的な戒めや規則、するべきでないことと心掛けることは、日々の生活で出来る事である素晴らしい考え方である。

基礎ヨガの講座を終え、ヨガの深さを知ることが出来ました。
『人や物全てに感謝する』を、いつも心に置いていきたいと思いました。

ABH認定ヒプノセラピスト養成講座受講の感想

S・Kさん(二期生)

このコースを受けるまで、催眠術というとテレビで見た事があるだけで、エンターテイメント的な印象しかありませんでしたが、療法として色々な事が出来ると知りました。

セラピストはクライアントに対し寄り添い愛しく思うことが大切であり、コースの二日目で講師がデモを見せてくれた中で、声の調子や話し方などがとてもやさしく、コミュニケーションの取り方がとても参考になりました。

ラポールの構築はセラピーではもちろんのこと、普段人と接するときも必要であると感じました。

ペアセッションで練習をした時、相手がすぐに深い状態に入り、心地よい状態になっているのが分かりました。

分が催眠をかけられた時は、意識はあるのに体が全く動かなくなり、そしてその状態はとても気持良いものでした。

私の場合はイメージがビジョンとして現れるのではなく、勝手に言葉が出てくる、それも頭から来ているのではなく、ハートから来ている感覚でした。

途中、朝日に向かって手を合わせているイメージが湧いて、涙が溢れました。

後から催眠状態が地球を感じることだと講師から聞き、腑に落ちました。

三日間のコースの中で、講義・実習ともに深く学ぶことができました。

催眠とは特別のことではなく実生活の中で取り入れられそうな内容も多々あり、私自身の生活の中でもっと生かして生きたいと感じました。

ABH認定ヒプノセラピスト養成講座を受講して。

S・Yさん(1期生)

3回の講座を通して、知識を得て、実際に体感して、そこからさらにセラピストとしての心構えまでを勉強する中で、

ヒプノ状態で勉強したからこそ得られるような気づきをたくさん得ることができました。

まさに、エネルギーの源という潜在意識につながることができるのがヒプノセラピーなんだと体感して学ぶことができました。

催眠は自己暗示だということを学習や体験を通して更に深く確認できました。

「暗示の三法則」を学んで、普段何気なく口にしている言葉が自分に暗示をかけている、催眠が自己暗示なのだということを改めて認識しました。とても実生活に密着していることです。

逆効果の法則で、思い悩んでいる方もたくさんいると思います。一生懸命にしようとすればするほどできなくなる。

リラックスすれば潜在意識につながり、エネルギーが湧いてくるのに、そのリラックスが得られない。身体も心も硬くなっていく。

注意集中の法則は、悪く影響するパターンから抜け出せない人もいるのだなと思います。何度も何度も繰り返し注意を集中していると、自然とそれが実現していく。

マイナスなことばかりに集中していると、それが実現化していく。でも、プラスのイメージに常に繋がっていれば、それが実現化していく。

支配的影響の法則は、よく私に起こる悪い癖です。その時を楽しんでいても、「いつかこれは終わってしまう」と思った時から「今」を楽しむ気持ちが半減してしまうことはよくあります。

「今」を懐かしむ自分まで想像して、もう終わってしまうことばかりに集中してしまうことがよくあります。

生活のどこにでもよくある「暗示の三法則」は、ヒプノセラピーでよりよい状態へと持っていけることがわかりました。

逆効果の意識の力を包み込むほどのイメージの力で、潜在意識とつながればたくさんのエネルギーを発揮することが出来る。

セラピストとして、「プラスの言葉だけを用いてセッションを行う」という事は、普段からそれを心がけていないとなかなかできないことだと思いました。

「謙遜」もマイナスで、ともすると自分は果たしてどれだけプラスの言葉を使っているのか考える良い機会となりました。

クライアントとのプリトークで、本人の意識、集中を引き出すためにもセラピストの「プラスの言葉力」のサポートはとても大事だと思いました。

それが自然にできるようになるために、少しずつでも普段からプラスのイメージ、プラスの言葉に注意集中できるようになりたいと思います。

毎日少しずつの積み重ねで、セラピストとしての資質を高めて自信をつけていきたいと思います。

セラピストとして、クライエントが内なる自己へつながり、たくさんの気づきや癒しを得て、クライエント自身が自分の魂、本来持っているエネルギーを引き出すお手伝いさせていただけるようになりたいです。

これからも勉強を続けて知識を深めたいと思いました。

ABH認定ヒプノセラピスト養成講座・受講の感想

K・Nさん(一期生)

私は現在ヨガについて勉強をしており、その一環として本講座を受講しました。

本講座を受講して一番の学びは、「催眠」に対する正しい知識、「催眠」がもたらす効果を学べたことです。

受講前は、催眠状態とは無意識状態、睡眠のような状態、自己を完全に相手にゆだねた状態、自己コントロールができない状態のようなものと思っていたのですが全くの逆で驚きました。

これまでの催眠に対する誤解のために、ヒプノセラピーに興味はあっても、「それは自己放棄、他力本願ではないのか。今抱える問題や自分の役割等は、現在、過去を振り返れば自ずと見えてくるからヒプノセラピーを受ける必要はない」という気持ちがあったため、ヒプノセラピーを受けることを躊躇していました。

しかし、ヒプノセラピーは本来の自分を知る一つの方法であることが分かり、ヨガの目的と通じていたので、今回学んだ知識と技術を取り入れたいと思いました。

これからヨガとヒプノセラピーを通して真我と繋がり、世のため人のためにできることをして行きたいと思います。

ヒプノヨガ講師養成講座・基礎ヨガコースを受講して。

N・Kさん(一期生)

ヒプノヨガ養成講座が始まる前は、「早くヨガの指導ができるようになりたい」という焦りでいっぱいでした。

そんな焦りを「何事にもタイミングがある。今やるべきことに集中して、学ぶタイミングを待とう」と毎日自分に言い聞かせて焦る気持ちを押さえていました。

待ちに待った開講初日に、先生が「(人生、自分が)変わるから!」とおっしゃられていたのですが、そのときは「変わるってどういうことだろう」と疑問でした。

しかし、回を重ねる毎に自分を含め受講仲間がどんどん変わっていきました。

基礎ヨガでは、ヨガという言葉の意味、ヨガの歴史、目的、神髄等土台の部分をしっかり教えていただきました。

また、一人一人感じたことを自由に話して気持ちのシェアを行い、マントラを唱えたり、瞑想したり、曼陀羅の塗り絵をしたり等とっても楽しい時を過ごしました。

そのようなことをしながら、自分でも気づかないうちに、マイナス思考や心の曇りが徐々になくなり、本来の明るさと元気、自信がでてきました。

また、受講を重ねる毎に気づきと学びがありました。

自分の好きなこと、好きだったこと、今までの経験等が線でつながり、それらはこれから自分が進む本道に繋がるものだったのだと気づかされました。

本講座の受講中、沢山の方々の協力と励まし、優しさをいただきました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。このご恩をヒプノヨガ、ヨガの指導を通してお返ししていきたいと思っています。

そのためにも、これから沢山経験をして、自分を磨き続けます。

先生、本当にありがとうございました。

そして、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

ヒプノヨガ講師養成講座・基礎Yogaコースを修了して。

S・Yさん(一期生)

第一回ヨガ基礎コース、講座全体としても初日の日に、先生が講義してくださったことが、先生が後継講師に一番伝えたい、大事な内容だったのだと思う。

ヒプノヨガ講師を目指し動き始めた私は、学習ノートの1ページ目を開けば、どんな時でも励まされ、そうだった、そうなんだと初心に戻してもらえる。

その一ページ目の内容の一つ目は、「YOGA」の語源。日本でヨガをしている方々、また、教えている方の中で、いったいどれほどの人がこの意味を知っているのだろうか。

知らずにヨガをしているなら本当にもったいないことだ。「つながる、交わる」すなわち、「体と心」「神様と自分」「宇宙と自分」が、つながり、交わり、一つになる。

二つ目は、ヨーガの目的は「シャンティ」(心の安らぎ)と「アーナンダ」(生きる喜び)を感じるためだということ。

現状として、身体の健康のためにヨガを始める方が多い。そこで、調身、調息、調心を行っていくうちに、ヨーガの目的が心の平安、解放感へと変わっていく。

かく言う私もその一人だ。ヨーガをしに行って、涙が出て、驚愕し、心が解き放たれたのを今でもはっきり覚えている。

「ありのままの自分を受け入れ、慈しみ愛する」という言葉をかけていただいて、責めていた自分、自分自身に責められていた自分が一気に解放された。

しかし、身体を動かすために行ったホットヨガで涙が出た自分を、まわりを気にしてすぐに押さえ込まなければいけなかった。

いつでも「あともう少し」仰向けで休んでいたいところで、わさわさとスタジオを出ることを促される。今考えれば、私はヨーガの本質に触れ始めていたのだ。

でも、それを知るのに、渥美先生に出会うまでに、そこから2年かかり、やっとヨーガというものの奥深さを教えていただくことが出来た。

そして、以前の私のような人が潜在的にどれほどいるのだろうかと言う考えに突き動かされ、講師養成講座に参加させていただくことになった。

どんな人でもヨーガが出来るのに、それすら知らない方たちがどれだけいるのかと思うと、これから行っていく伝道が本当に意義深いものであることは明らかである。

「ヨガ」と言う名前が日本に広がり、「ヨガ」と名のつくものに触れる方がたくさんいる中で、「選択肢」の一つとなりたいと言うのも願いである。

日本では、あまりにも限定された「ヨガ」しか知らない人が多い。象徴的に広がっている「ヨガ」と言うものは、本当にごく一部の人しか実践できないものである。「私には無理」とあきらめてしまった人が、「そのヨガ」はあなたに合わなかっただけだと伝える術を得たいと思った。その点についての講義も、目から鱗が落ちるものだった。

「身体が硬くて、ヨーガが不向きと思っているほどふさわしく、効果が高い」ということ。「効果や影響が現れやすい」ことから、「ポーズは下手なうちが花」だそうだ。

初めてヨーガをする方にも、無理だとあきらめてしまった方にも、老若男女に自信を持ってこのことを広めていきたい。せっかくヨーガに触れた方が、知識のなさでその奥深さを知らずに通り過ぎてしまうことなく、少しずつでも伝えていくために、勉強して行きたいと思う。

ヨーガの知識として基礎講座を受講していく中で、ヨーガを哲学的に学び始めると、そのちょっと一つまみでは何も知りえることは出来ないほど、長い歴史があり、取りとめもなく膨大な研究となり、それはとても科学的であるということが分かった。身体的なことだけでなく、神秘性だけに傾くのでもなく、それはとてもバランス良く、科学と実生活に基づいたものであると実感した。

そして学び深めるとともに、「YOGA」の真髄は「ヒプノ」とつながっていることが分かる。「心身のあるがままを自覚し、丸ごと受け止め、心と身体、自然と人間、大宇宙と小宇宙を統一する」これを実践するやり方は他にもたくさんあると思う。スポーツや音楽、癒しのセラピー、宗教などでも、人間は本来あらゆる手段でこの真髄を求め、求めずとも深めていくことによってそこに導かれていくのだと思う。私には「ヒプノヨガ」との出会いがあり、それがとても自分に合っているということが講座を通しても実感できた。この学びを得たことで、万人の中でご縁のある方々を癒し、その方達本来の自分に出会うことで自分自身で人生を輝かせていけるような、そんな人たちを増やしていけたら素晴らしいと思う。伝えていくことで自分も学ばせて頂き、逆に癒される、ヨガは本当に奥深い。

 

一番大切な部分を徹底的に学ばせていただいたことで、さらにテクニカルなスキルや知識をもっともっと欲する自分がいる。大事な部分をいつも胸に抱き、これからも足りない部分の勉強をどんどん進めて行きたいと思える講座となった。

 

本当に有難うございました。

ナマステ!

C・Yさん

先生、昨日は素敵なレッスンとお茶をありがとうございました。

昨日は心身ともにくつろいで帰宅しました。

昨日は砂漠の他に、暗い洞窟や満天の星空のイメージが浮かんだりしました。
私は30をすぎてからアラブ圏や韓国にとても興味が出てきたので、もしかしたら心が覚えているのかもしれないと皆さんの話を聞いて思いました。

実は、寝る前にワイス博士のメディテーション用のCDを聞いていた時期があったのですが(博士の声があまりに心地よいため、いつも途中で寝入ってしまい結末まで行ったことがありませんでした)

先生の声はもっと癒しの音色に満ちていて、本当にリラックスできました。
終わった直後の感想は、“無意識のうちにとても疲れていて、休息したかったんだな”ということでした。

仲間の生徒さんたちも、先生のお人柄がわかるような素敵な人たちでしたね。
先生にも生徒さんにも暖かいという形容詞がぴったりくるように感じました。

普段は意識していませんが、健康であることに心から感謝したこの数日でした。

またうかがいます。よろしくお願いします。

Top